コーディネーターという職に、前職と合わせ15年近く従事してきました。“コーディネーター”がどういうものかよく理解できないまま、日々の職務に追われ目の前の仕事をこなす毎日でしたが、そこには、失敗もあり、成功もありました。実際は、何が失敗で成功かの基準は未だに判らず、失敗したようでも、その中に学びがあったり、成功したようでも、お互いの齟齬が生じたり、実に様々です。
連載にあたり過去を振り返り皆さまに私の体験談をお伝えすることで、繋げる役目のコーディネーター職が増え、また私自身にとっては将来の指針となれば良いと思っております。是非とも、現場のご意見もお聞かせ願いたいので、事務局までお寄せください。