ノウフク・マガジン#3

ノウフクピックアップ
2021年2月28日

ノウフク・マルシェ2020開催レポート

二子玉川にてノウフク・マルシェ2020を開催!

こんにちは。ノウフク・マルシェ2020の主催・企画運営を担当した一般社団法人日本基金の太田です。去る2020年11月6日に開催されたノウフク・マルシェ2020のレポートをお届けしたいと思います。

当日、東京は二子玉川の駅前広場「二子玉川ライズ・ガレリア」に、北は青森から南は鹿児島まで全国から10の事業者・団体の皆さんが忙しい農作業の合間を縫って参加してくださいました。

ノウフク・マルシェ2020 出店者一覧

  • 株式会社ウィズファーム(長野)
  • 株式会社ひだまり(長野)
  • さんさん山城(京都)
  • 株式会社アグリーンハート(青森)
  • 公益社団法人ウォームサポートシオン(埼玉)
  • 社会福祉法人白鳩会 花の木農場(鹿児島)
  • 社会福祉法人青葉仁会(奈良)
  • 社会福祉法人ゆずりは会 菜の花(群馬)
  • 株式会社モエ・アグリファーム(熊本)
  • 一般社団法人 日本農福連携協会(東京)

会場は皆さんによって丹精込めて作られた自慢の農産物や加工品で彩られ、終日多くのお客様で賑わいました。

「幻のフジ」と呼ばれるリンゴを生産する長野県松川町のウィズファーム
ノウフクJASを取得しているモエ・アグリファームは写真のズッキーニの他にも、オーガニックのミニ白菜や銀杏など、珍しいお野菜を生産されています。

TOKIOの城島茂さんが応援にかけつけてくれました!

そしてこの日、お客様にとっても出店者の皆さんにとってもサプライズとなったのは、スペシャルゲスト・TOKIOの城島茂さんの登場でした。

セレモニーでノウフク・プロジェクトへの熱い想いを語ってくださった城島さん。その後、各店舗を巡回され、全ての店舗の皆さんと普段の農作業や事業所の取組みについてじっくりお話を聞かれたり、昨年TBSで放送された「とれたて!笑顔」で取材に行った事業所の皆さんとの再会を喜び合っておられました。

実は昨年3月に、同様のマルシェの開催が予定されておりましたが、新型コロナ感染症拡大の影響で中止となり、今回は満を持しての開催となりました。
それぞれの地域で土を耕すノウフクの実践者の皆さんにとって、こうしたイベントは全国で志を同じくして奮闘する仲間と集い、お互いの課題や知見を交換し交流する大切な機会でもあります。
感染対策を万全にして、マルシェが無事に開催できたことを皆さんとても喜んでくださいました。

自然栽培で育てたお米をPRする社会福祉法人 ゆずりは会、菜の花の小淵さん

みんなで、それぞれの立場から耕すノウフクの価値

当日は全国から集結してくださったノウフク実践者のみなさまと、日の出とともに準備開始。そして日が暮れた頃に無事撤収を終えて、お疲れさまでした!

ノウフク・マルシェの様子は後日、たくさんのメディアが取り上げて記事にしてくださいました。こちらもぜひご覧ください。

時事通信
https://www.jiji.com/sp/p?id=20201106141549-0036080491

マイナビ農業
https://agri.mynavi.jp/2020_11_06_138926/

Yahooニュース(日本農業新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/30c5bb19944a0b893681407babe9cbe0f3a4174e

この記事をご覧いただいて「おいしそー」と思ってくださったみなさまには、ステイホーム中もご利用いただけるノウフク・オンラインショップもございますので、ぜひご活用いただけましたらうれしいです^^

ノウフク・オンラインショップ
https://noufuku.shop/

またこうしてみんなでイベントを開催できる日常が戻ってくることを楽しみに、それぞれの場でそれぞれのノウフクを耕していきましょう!

ノウフク・マガジンノウフク最前線の読みもの&ニュース

view all